桜花雑貨店

本とか音楽とか考えたこととか。

本屋で旅行を予約する

f:id:xusanyanx:20190503175535j:plain(<a href="https://www.photo-ac.com/profile/1835181">JOYWORK</a>さんによる<a href="https://www.photo-ac.com/">写真AC</a>からの写真)

 

私は本屋さんが好きだ。本に囲まれた、その空間が好きでたまらない。本の匂いに包まれながら、整然と本が並んだ中を歩くことも好き。外出すれば必ず本屋に寄るし、買う買わないに関わらず本屋を隅々まで巡って本を見ることが習慣。誰かと一緒にいる時でも、「ちょっと本屋寄っていい?」と断ってでも立ち寄ってしまう。そしてさながら本の森の中を行くトレジャーハンターのごとく、本が並べられた棚の中を歩き回っている。

毎回本を買うわけではない。買わないこともある。では何故そんなに本屋に立ち寄りたがるのか?と、疑問に思う人も多いと思う。そんなの時間の無駄じゃないか、と。それに答えるなら、やはり「本屋という空間が好きだから」としか言いようがない。それに尽きる。

だって本屋という存在は、私にとって旅行代理店のようなものなのだから。

「何だそれ?」と思われたかもしれない。けど、そう思うのも無理はない。だから、その理由を説明させてほしい。

本屋は本を売る場所、旅行代理店はパッケージツアーとかを売る場所。それは言わずもがな、誰もが知っていることだと思う。

本は本当に様々なジャンルのものがある。その中でも小説について見てみると、現実にある県だったり、架空の街だったり、いろいろな場所が舞台になっている。たとえ住んでいる場所から遠くても、なんなら架空の街でも、本を読めばその場所に飛んでいって、その街を巡ることができるのだ。これはすごいことだと思う。1冊の本にかかる金額といえば、単行本の小説で大体1500円前後。その金額だけを支払えば、自分の部屋や近所の喫茶店の中にいながらにして、今まで行ったことがない場所にだって一瞬で飛んでいくことができるのだ。それは、本を通じて旅行しているのと同じだと、私はいつも思っている。

だから、その本を売ってくれる本屋さんは、旅行代理店のような存在なのだ。

もちろん、本を読んだだけで全てを知れるわけではないし、現実に出かけてみないとわからないことも当然あるだろう。本の世界だけで全てわかった気になるのはとても危険なことだと思う。

だけど、人間は時間にもお金にも限りがある。行ってみたい場所全てに実際に行くことが難しい場合もある。そんな人生の中で、本という媒体を通じて様々な場所に「行ける」ということは、とても有意義なことではないだろうか。本の中であれば、架空の世界だって行くことができるのだ。素晴らしいと思う。

 

私は今日も本屋に立ち寄る。そして本を買う。まだ見ぬ世界へ旅立つために。

 

海の底と黒髪の乙女とメジャースプーン。

本は基本的に作家買いするタイプです。好きな作家さんの新作が出たら買っちゃう。お財布事情はおいといて。

それくらい好きな作家さんを、今回は3名ほど挙げてみます(敬称略)。

 

〇有川ひろ(有川浩

有川さんのお名前はラノベにハマっていた中高生の頃に見聞きしたのが最初。しかし自衛隊ものということもあり「何となく難しそうな話だなー」と思い勝手に読まず嫌いを発揮して数年。初めて著作を手に取ったのは大学生になってからで、大学の生協の書店で見かけた「植物図鑑」がきっかけだった。表紙のカスヤナガトさんの絵に惹かれたのもさることながら、パラッと読んでみた感じ面白そうだったので購入。「有川さんってこういう話も書くんだー」と意外だったのもある。

その「植物図鑑」を読んで即、素晴らしいまでのベタ甘ラブコメぶりに完全にノックアウトされ、有川さんの他の作品を漁り出す日々が始まった。同じようなベタ甘ラブコメはもちろん、中高生の頃読まず嫌いで読んでいなかった自衛隊ものまで、次から次へと読んだ。それはもう水に飢えた砂漠の旅人のように。「面白い本」を求めていた私の欲求に、有川作品はドストライクだったのだ。

「海の底」や「図書館戦争」を読んだとき、何でこんな面白い本を今まで読んでなかったんだ!と後悔した。それくらい衝撃的だった。

作品に出てくる登場人物たちの、真っ直ぐさやひたむきさや可愛らしさ、そしてちょっとの不器用さ。苦難を乗り越え成長していく彼らからは、いつも元気をもらえる。

最近改名された有川さん。体調が優れないこともおありになるようだけれど、ずっと応援しています。

海の底 (角川文庫)

海の底 (角川文庫)

 
図書館戦争

図書館戦争

 

 

森見登美彦

黒髪の乙女に出会ったのは大学2年生、二十歳のときだった。そしてあっさりと恋に落ちた。彼女に。そして森見作品に。

夜は短し歩けよ乙女」は、京都の街を舞台にしたファンタジックな恋愛小説。京都大学下鴨神社といった現実にある京都の地名や建物と、ありえないようなファンタジーの要素が入り混じったその世界観に、あっという間に夢中になった。自分自身も大学生だったせいか、大学生活特有のふわふわした時間とファンタジックな世界観が何となくリンクしているような感覚もあって、ますます夢中になった。

作者の森見さんご本人は、インタビュー等を拝見している感じではとても穏やかな空気感をまとった方で、その人柄も好きな理由の一つ。理屈っぽくてひねくれていて、だけどユーモアがあってどこか憎めない語り口や、リズム感のいい文章が大好きな作家さん。

夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)

夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)

 

 

 

辻村深月

これも大学時代の話なのだが、あるとき友人が「この本面白いよ」と口にしていたのをたまたま耳にした。その本というのが、辻村さんの「ぼくのメジャースプーン」だった。大学に入学して以来、片道1時間半の通学時間の大部分を読書に充てていた私は、その言葉を聞いて早速書店に走った。文庫としてはわりと厚めなその本に当初は圧倒されたが、読み進めていくうちにどんどんと物語の中に引き込まれた。先の展開が気になってしまい、少しの空き時間も惜しんで読み進め、ラストがどうなるのかハラハラしながら、主人公の少年を見守った。その繊細な感情や心の動きの描写に、心を掴まれてしまった。

自分ではなかなか言葉にできなかったもやっとした気持ちを、明確な言葉にしてくれたのが辻村作品だった。特に思春期の子どもの心理描写や心の内面の描き方がとても良くて、「なんであの頃の私の気持ちがわかるの?」と思ってしまうことも多い。大学生の時に出会えて本当に良かった。けど本当はもっと早く、中高生の頃に出会っていたかった。これからの作品も本当に楽しみにしている。

ぼくのメジャースプーン (講談社文庫)

ぼくのメジャースプーン (講談社文庫)

 
傲慢と善良

傲慢と善良

 

 

他の作家さんについてもまた書きたい。今回はここまで!

平成という名の人生。

今日で平成が終わる。私にとって平成とは人生そのものといっても過言ではない。

平成初頭に生まれ、約30年間平成という時代とともに生きてきた。

初めての元号またぎだけれど、特に何をするというわけもなく、家でのんびりと過ごしている。

 

私が生まれた頃はバブル真っ只中だったらしいけど、赤ん坊だったので雰囲気とかは全く覚えていない。物心ついた頃にはバブルははじけていたけれど、両親は私や妹をいろいろなところに連れて行ってくれたり、習い事に通わせてくれたりした。あの頃はディズニーランドの入園料もまだ安くて、年に2回くらいは連れて行ってもらっていたことを思い出す。ピアノも習っていたけれど、強制されて練習するのが嫌いな子どもだったからほとんど練習せずに週1回のレッスンに行って、先生に呆れられていたことを覚えている。「月謝を払ってるんだからちゃんと練習しなさい」と母親に何度言われたかわからない。結局ピアノは10年習ったけど、そこまで上達せずに辞めた。

ピアノを辞めた理由というのが、当時中学入学とともに始めた部活動、吹奏楽の練習のほうに集中したいからというものだった。その頃から高校時代まで、私は吹奏楽に青春を捧げることになる。楽器はトロンボーン。入部当初、顧問の先生に適当にあてがわれたことがきっかけだった。中高時代の恋人はトロンボーンだった。

吹奏楽は高校で燃え尽きてしまったため、大学では吹奏楽に入らず別のサークルに入った。大学生活は本当に自由で、それまでの人生で一番楽しい日々を過ごした。初めて恋人ができたのも大学時代で、その彼氏とは社会人になってからも付き合い続けた。約6年経ったころ、そろそろ一緒に住もうかという話になり、プチ遠距離恋愛だったため私が当時の仕事を辞めて彼の住む街に引っ越すことになった。加えて新天地での仕事も探し、そのための試験を受け、就職先も無事決まろうかという矢先だった。ほんの些細な喧嘩のような出来事がきっかけとなり、彼と連絡がとれなくなったのは。引っ越し予定月の3か月ほど前だった。連絡は一向に取れず、家まで行っても出てこない。辛うじて生存確認はとれたものの全く会ってもらえない状況が続き、押しても引いてもどうにもならない日々が続いた。しかし就職は決まってしまい、キャンセルするというわけにもいかず、仕方なしに一人暮らしの部屋を決め、一人で住み始めた。

結局彼と再会したのは半年が経ったころだったが、その半年間で散々悩み苦しんだ私の彼への感情はもう無になっていて、そのまま別れた。しかし6年も一緒にいた人をそう簡単に忘れられるわけがなく、その後もしばらく苦しんだ。もう私は誰とも付き合ったり結婚したりできないかもしれない、一生一人なのかもしれない、と落ち込む日々が続いた。

新しい仕事はといえば、悪くはなかったがそれまでしていた仕事とはスピード感が段違いで、ついていくのに必死だった。ケアレスミスもよくやらかして、自分はダメ人間なんじゃないかと何度も思った。加えて初めての一人暮らしで慣れないことも多く、寂しくて仕方がなかった。

そんな中、同じ職場のある男性と話すようになった。彼はよく私に話しかけてくれ、口下手な私としてはとてもありがたかった。いい人だな、と思ってはいたが、彼はかなりの年下だっため、私のようなアラサーは興味ないだろうな、たまたま近くにいたからちょうどいい話し相手だと思われてるんだろうな、としか思っていなかった。だから、何気なく交換したLINEで、デートに誘われたときはとても驚いた。何かの怪しい宗教に勧誘されるんじゃないかとか、変なものを売りつけられたりするんじゃないかと思いつつOKし、戦々恐々として待ち合わせに向かったが、全然そんなことはなかった。彼は面白く、思いやりがあり、いつでも私を笑わせてくれて、怪しいものとはかけ離れている人だった。そんな出来事を経て付き合い始め、今年で2年になる。

私は平成でいろんなものを失ったけれど、その代わりいろんなものを得られた。

令和は何が待っているだろう。結婚とか出産とか、そんな出来事もあるかもしれないし、ないかもしれない。願わくば平和でありますように。そして私の大事な人たちが穏やかに暮らしていけることを祈るばかりだ。

令和もよい元号でありますように。

おしゃれは好きですか?「だから私はメイクする」

先月読んだ本の中の一冊に、劇団雌猫さんの「だから私はメイクする」がありまして。

だから私はメイクする 悪友たちの美意識調査

だから私はメイクする 悪友たちの美意識調査

 

アラサー世代を中心に、女性たちの美意識やこだわりが赤裸々に綴られた一冊。こういう本大好き。読んでいてとても楽しかった。

これ読んで美意識が掻き立てられたのは言うまでもないですが、読みながら自分自身のおしゃれ遍歴的なものを振り返ったりもして感慨深くなりました。この10年でよく頑張ったよ自分…

紹介されてた商品も参考にしたい。

 

 

せっかくなのでこの10年の遍歴を文章として残しておきたいなー。後で書けたら書こう。

 

同じ劇団雌猫さんの「浪費図鑑」もおすすめ。好きなものをひたすらに愛する人たちの熱量にパワーをもらえるので、元気になりたい時にぜひ。

浪費図鑑―悪友たちのないしょ話― (コミックス単行本)

浪費図鑑―悪友たちのないしょ話― (コミックス単行本)

 

 

 

読書記録【2019.1】

1月は実は2冊しか読めてません。いろいろあって読書できなかったり、長編をゆっくり読んでいた影響もあったりしたからなのですが。

まぁ言い訳はさておき。

 

○ルビンの壺が割れた/宿野かほる

ルビンの壺が割れた

ルビンの壺が割れた

 

前にtwitterで話題になってた本。その頃から気になってたのをようやく読みました。

この後若干ネタバレなので、未読の方はスルー推奨です。

 

 

 

 

 


まずSNSで見つけた(探し出した)元カノに連絡取ってくるとか怖い。そして暗に責めるようなメッセージ送ってくるとかさらに怖い。所々に現れる、男の身勝手さが気持ち悪かった。

結末は「おっ⁈」って感じはしたけど、正直に言うならちょっと期待しすぎてたかな、というところ。話としては面白かったけど、良い前評判をずっと見聞きしていたことで期待が膨らみ過ぎてた感はある。twitterにも書いたけど、下手に前情報無い方が良い。

 

 

 

 

 

○モンテレッジォ 小さな村の旅する本屋の物語/内田洋子

モンテレッジォ 小さな村の旅する本屋の物語

モンテレッジォ 小さな村の旅する本屋の物語

 

たまたま本屋で見かけて惹かれたので購入。「Yahoo!ニュース 本屋大賞2018 ノンフィクション本大賞」ノミネート作品だそうです。全然知らない海外の村、そこに本を売る旅をしている人がいた、ってすごく未知の世界感があってワクワクしませんか。

小さな村でどんな風に本を仕入れていたのか、何故本を売っていたのか、そもそも何故本なのか…

本作ではそれらの謎が、当時を知る人々への取材を通じて明らかになっていきます。

日本から遠く離れた国にも自分と同じように本を愛する人たちがいて、本を売るために試行錯誤していたんだということ。それを知って、知らない土地、知らない人々だけれど、何だかとても親近感がわきました。なかなか難しいと思うけど、いつか行ってみたい。作中に登場した、ヴェネツィア古書店にも足を運んでみたい。

 

*****

 

先ほど、昨年末から読んでいた『熱帯』をようやく読み終えました。長い旅だった。

『熱帯』の感想等についてはまた来月。

今年の抱負【2019】

年が明けたので、今年の抱負なんかを考えてみた。

 

1.本を50冊以上読む

2.ミュージカルを観に行く

3.100万円貯金する

4.好きな人・推しに積極的に会いに行く

5.運動を習慣化する

 

昨年30冊読了を目標にしていて、それは達成できたので今度は冊数を増やしてみました。昨年1年間で読書週間がだいぶ復活・定着してきたので、スキマ時間を活用して本が読めたらいいなーと思っています。

ミュージカルは「レ・ミゼラブル」を一度観てみたいと常々思っていて。あとは劇団四季のミュージカル。「ライオン・キング」とか。今年は是非とも観に行きたい。

貯金はなかなかはかどっていなくて、最近かなり頭を悩ませているところ。昨年の終わりくらいから本格的に家計簿アプリをつけはじめ、出費の絶賛見直し中なので今年こそは貯金を増やしたい。

その一方で好きな人や推しに会いに行くお金は惜しみたくないのが正直なところ。大好きな坂本真綾さんのライブとはじめとして、自分がいいと思ったものに対しては躊躇せずお金を使ったり、会いにいったりしていきたい。それが好きな人の活力になるなら、こんなに嬉しいことはない。

昨年から運動することに目覚め、ぽつぽつと筋トレしたり走ってみたりしていたのですが、なかなか定期的に習慣化してやる、というのが難しくて。いや単に自分の意思の問題なんだけども。なので今年はちゃんと習慣化して、健康的な身体を目指していきたいと思います。手始めに週一回は必ず軽い筋トレするようにしたい。ちなみに筋トレするときは自宅でYoutubeの筋トレ動画を参考にしています。インストラクターの人が指導してくれてるような感覚になって、自分一人でやるよりやる気が出る感じがする。

 

そんな感じで、今年も程よくゆるく頑張っていきたい。無理はしないこれ大事。

自分にとっても大事な人たちにとっても、いい一年であることを願います。

読書記録【2018.12】

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

さっそくですが読了本のご紹介です。12月は5冊でした。

 

〇家族シアター/辻村深月

家族シアター (講談社文庫)

家族シアター (講談社文庫)

 

家族だからこそできることもあるし、家族だからこそ難しいこともある。一筋縄ではいかない家族のすれ違い、その何とも言えないもどかしさと既視感が描かれた作品。作者の辻村さんは、そういう人間関係の濃やかな機微を表現する能力に本当に長けていらしゃると思う。好き。

 

〇金哲彦/ウォーキング&スローラン

金哲彦のウォーキング&スローラン―みるみるカラダが変わる4ステップ

金哲彦のウォーキング&スローラン―みるみるカラダが変わる4ステップ

 

これを読んで以来、丹田を意識して歩く生活を続けています。あと骨盤ごと動かすようなイメージで足を動かすと、今までは一歩で登れなかった階段が登れるようになって目から鱗だった。階段は足の力だけで上るんじゃないんだなーという発見ができました。 

 

〇買い物とわたし お伊勢丹より愛をこめて/山内マリコ

お買い物って楽しいよね…!(2回目)

他の人が何を買って、どんなふうに使ってるのか見聞きするの好き。良さげなものを見つけたら、自分も真似したくなってしまうし、すぐにでもお買い物がしたくなる。この本は著者・山内さんの買い物遍歴なんだけど、「買ったけど実はその後使ってない」とかそういう後日談まで含まれているのが何とも人間らしくて好き。 

 

〇女子をこじらせて/雨宮まみ

女子をこじらせて

女子をこじらせて

 

作中、雨宮さんが10~20代前半だった頃の話を読んでいると、当時はこんなにも女性差別がまかり通っていたのかということに驚く。近頃はそういったものが少しづつ減ってきた印象はあるけれど、それには少し上の世代の女性たちが必死に声を上げてきた結果なんだろうな、と。男性からの差別的な目線にひどく悩みながらも、戦い抜いてきた記録がここにある。

 そして、この本を読んだ時点で雨宮さんがもうこの世にいないことが何よりも寂しい。

 

塩の街有川浩

塩の街 (角川文庫)

塩の街 (角川文庫)

 

Twitterでも書きましたが、すごく好きなお話でした。有川先生の作品らしい、一途で真っ直ぐな登場人物たちが面映ゆい。大切な人を守りたりたい、ただそれだけのために行動したら世界を救っていた。愛ってそういうものなのかもしれない。

 

*****

 

年末年始は実家に帰省していたのですが、ここで「実家でやることなくてヒマ問題」が勃発。持参した本も読み終わってしまったので、初売りで漫画を買ってきて読んでいました。

 

聖☆おにいさん(16) (モーニング KC)

聖☆おにいさん(16) (モーニング KC)

 
太陽の塔(1) (モーニング KC)

太陽の塔(1) (モーニング KC)

 

楽しみにしてた3月のライオン新刊と、聖☆おにいさん新刊が読めて良かったです。お正月からほっこりした。

太陽の塔森見登美彦さん原作の小説のコミカライズ版。小説の雰囲気そのままに描かれていて良き。続きが楽しみです。